コロナを怖がるより、熱中症の方が、よほど危険です。

外で待たず、冷房中の待合室での待機で構いません。

こんな状況でのマスク着用は、危険です。

夏季の長時間マスクは、血中酸素濃度を10%近く下げます。

熱中症の恐れや、思考能力低下、結果、将来認知症となる可能性も上がります。

厚労省も、もうマスクを推奨していません。