令和4年6月1日から施行される「犬、猫へのマイクロチップ装着に関する新制度」について、最近、皆さまより質問をうける機会が増えましたので、ご説明します。

これは、あくまでも犬、猫を販売する業者への義務化の法律です。

結果、令和4年6月1日以降に販売される犬、猫にはマイクロチップが装着されていない犬、猫は、存在しなくなる事となります。

また、その犬、猫にマイクロチップを装着したら登録を受けること、これも義務化されました。

さらに、マイクロチップの登録を受けた犬、猫を譲り受ける(購入する)、譲り渡す(販売する)時にもその所有者の情報を変更登録していくことも義務化されました。

ペットとしておうちに迎え入れる時に登録情報を変更する義務があり、この際にこの法律に係ってきます。

以降、住所や電話番号、メールアドレスなど登録内容に変更が有った場合もこれを届出する義務があります。

これにより、動物取扱業を営む業者から譲り受けた犬、猫については、いずれはマイクロチップの装着されていない子は、いなくなり、その所有者の情報が把握できるような状況になるという考え方です。

では、既存のお家でお飼いになっている犬、猫はどうかというと「努力義務」です。

これは、できれば、マイクロチップを装着し上記のような子達と同様の登録手続きをして欲しいという内容で、強制的なものでは有りません。

既存の子達については、必ずしもマイクロチップを装着しなければないという事ではありません。

確かに脱走してしまった、迷子になってしまった時などに役立つ事も有ります。

しかし、以前、この雑学でも触れましたが、東日本大震災級の災害等が起こった時には、マイクロチップの装着されていた子とその飼主さんと被災状況、避難場所の把握に行政が機能できなかったため、あまり役に立ちませんでした。

これは、今でもこのマイクロチップの登録や管理が各市町村(行政)側になく、未だに「公益社団法人獣医師会」(指定登録機関)である事も原因かと思います。

従って、今現在飼っている子に装着するかどうかは、皆様が判断して頂いて構いません。

マイクロチップを装着する時の針の大きさは小さくなりました。

治療でもよく使うサイズなので、その場で特別な予約もなく、装着可能です。

東京都から送付されたチラシの内容は、暫く、当院待合室に貼っておきますので、興味のある方は、ご参照下さい。